ECOT(S) ラベンダー [GD410-05]

ECOT(S) ラベンダー [GD410-05]

販売価格: 540円(税込)

在庫あり
数量:
地球にやさしい国産エコポットで育てよう

古紙率100%の国産リサイクルポットでハーブを
育てよう!このポットは使用後土に埋めておくと
年月をかけて生分解し、土に戻ります。

【ラベンダーの栽培情報】
ハーブの女王ともよばれるラベンダー。
爽やかな香りと可憐な花は、ポプリやドライフラワー、
リースなどに使われます。精神安定や防虫・殺菌などの
効果もあるとされ、ハーブティー、ハーバルバスなどに
利用されています。

●発芽温度:15〜20℃
●種まき :春まき(3〜6月) 秋まき(9〜11月)
●生育温度:15〜25℃
      秋まきしたものは、冬場に日当りの良い室内で
      管理します。
●発芽日数:2〜3週間
●開花時期:6月〜

エコットの始め方
※見本の写真で使用している商品はエコットSです。


(1)ポットの中身を全て出して、古紙ポット・種
鉢底シート・培養土・説明書が入っているか確認する。
(2)鉢底シートを入れる前に赤いラインの部分を
ハサミでカットしておくと鉢にシートが入りやすく
なります!(スタッフのオススメ)


(3)ポットの底に鉢底シートをセットします。


(4)シートがずれない様に培養土を入れます。
砂埃が少々出ますので気になる方はお外で
土を入れて下さい。
(5)土全体に水が行き渡る様にジョーロや
霧吹きで水を注ぎ、土に水を染み込ませて下さい。


(6)勢い良く注ぐと水の吸水が間に合わなくて
鉢の底から漏れたり土が浮いてきたりしますので
竹串や割り箸などで混ぜながら注ぐと良いです。
(7)水が染み込んだら土の表面を竹串や割り箸などで
平にします。


(8)種はポットの表面に均等になるようにバラまきします。
ラベンダーの種はまく前に、一晩水に浸しておくと発芽
しやすくなります。
(9)種が隠れる程度に周りの土を薄くかぶせます。


(10)霧吹き等でやさしく水をやり、種と土を
密着させます。

発芽するまでは土の表面を乾かさないようにして
直射日光を避け栽培に適した明るい場所で管理して下さい。
※土の乾燥を防ぐために、ラップ等を軽くかけておくと
発芽しやすくなります。発芽後はすぐにラップを外して下さい。

商品仕様

商品名 エコットS
商品サイズ H8.7cm×φ12cm
セット内容 古紙ポット/鉢底シート/培養土/種/説明書
ECOT(S) ラベンダー [GD410-05]

販売価格: 540円(税込)

在庫あり
数量: